自分に合った治療法を探す〜種類が豊富な包茎の治療方法〜

HOME>レポート>放置しないで勇気を出して包茎の治療を受けよう

放置しないで勇気を出して包茎の治療を受けよう

男性

包茎の種類

包茎と一口に言っても種類がいくつかあり、主に仮性タイプと真性タイプ、そしてカントンタイプの3つに分けることができます。まず仮性タイプは、平常時は皮を被っていても勃起時に自然と剥けたり、あるいは自分の手で簡単に剥くことができたりする状態のものを指します。そして真正タイプは、皮が完全に亀頭部分を覆っていて、通常時も勃起時も皮を剥くことができない状態だと言えるでしょう。さらにカントンタイプは、皮を剥くことは可能ですが、包皮の出口部分が狭くなっているため皮を剥こうとすると痛みを感じるという状態になります。またカントンタイプは、無理に皮を剥くと亀頭の首部分が締め付けられて元に戻すことができなくなり、そのまま放置すると腫れあがってしまうため、その際は早急な治療が必要です。

下半身

包茎の種類に適した治療方法

仮性タイプの包茎の場合は、切る方法である亀頭直下埋没法と、切らない方法であるナチュラルピーリング法などの治療方法があります。亀頭直下埋没法とは、余分な皮を切除して亀頭の真下部分で縫合を行うという方法であり、ナチュラルピーリング法は皮の一部を糸によって縫う方法になります。そして真正タイプの場合は、先ほど説明した亀頭直下埋没法の他に、余分な皮を輪切りにする環状切開法などがあります。環状切開法は手術費が安く済みますが、仕上がりがツートンカラーになることも多いため注意が必要でしょう。さらにカントンタイプは、皮の締め付けによる腫れによって緊急手術を受けなければならない場合は背面切開と呼ばれる方法が取られますが、通常は亀頭直下埋没法での手術になるでしょう。

広告募集中