HOME>info>包茎手術を検討中の人に教えたい負担の少ない治療法

包茎の方が抱える悩み

包茎の人には包茎なりの悩みがあり、これがきっかけで泌尿器科にて治療を受ける人はとても多くいらっしゃいます。下半身が気になるので銭湯にいけない、入院や介護をしてもらう時気になる、ペニスの見た目が気になる、汚れが溜まり臭いがするなどが代表的な悩みでしょう。これらの悩みも、泌尿器科にて手術をすることで、しっかり治すことができます。また包茎だと早漏になりやすくなるので、コチラの対策も積極的に行ないましょう。

治療場所を比較してみよう

泌尿器科

泌尿器科での治療は、カントン包茎のみ保険適用となります。そのため、費用負担はかなり少なくなるでしょう。また、内部の衛生状況が悪化しているなら、真性包茎も保険内で治療ができます。

美容外科

美容外科は、泌尿器科のように保険が適用されないので高くなりがちです。しかし、美容外科ということもあり、見た目を意識した治療が受けられるでしょう。

包茎手術を検討中の人に教えたい負担の少ない治療法

悩む男性

包茎の治し方

包茎手術の方法は、今や技術の進歩によりかなり進んでいます。包茎手術に強いクリニックなら、性感帯を温存する方向で治療ができるでしょう。裏筋をVカットすれば、より自然な仕上がりになります。また小学生向けの手術は、痛みに対して万全な対策をするので、無痛治療が期待できるでしょう。

包茎の種類

男性

仮性包茎

勃起していない状態だと皮は被っていますが、勃起した時は容易に皮がはがせる状態です。ほとんどの方は手術せず放置するようですが、治療するに越したことはないでしょう。

カントン包茎

亀頭を露出させると締めつけ感があるのはカントン包茎の特徴です。無理に剥がすと、包皮が戻らなくなり大変な事態になります。放置すれば痛みと腫れが襲うでしょう。

真性包茎

包皮の先端部分は大変口が狭いため、亀頭の露出不可能に近いでしょう。包皮内は洗えない状態が続くので、衛生問題はもちろん悪化します。さらに性行為に支障をきたすのは言うまでもないでしょう。

広告募集中